家というのは一生に一度の買い物になります。そのため、どのような家を建てるのかということを失敗してしまえば、一生取り返しのつかないことになってしまうのです。そのため、失敗しない家づくりをするために優秀な不動産業者を知る必要があります。では、そのような業者にはどのような特徴があるのでしょうか。

■︎注文住宅について

注文住宅というのは自分の暮らしをデザインできる究極のオーダーメイドです。しかし、そのため、建築の素人ではどうすればいいのか分からないことが多すぎるため、実際に注文住宅を建てたいという気持ちがあっても諦めてしまうという人も少なくありません。そのため、そのような想いを実現するためには不動産業者のサポート力が必要となります。逆を言えば、そのサポート力を持っている不動産業者を探すことが重要なのです。 東京住建は東久留米時代から培ったノウハウを生かしてユーザーの求める最高の住宅を建築する能力に長けていると言われています。その能力は設計や建築施工の技術はもちろんのこと、インテリアコーディネートまでもを一貫してプロデュースできるほどの力を持っているのです。さらに、気になる資金面のケアやアフターフォローまで徹底的に自社完結するため安心して注文住宅の施工を任せることが出来ます。

■︎ジオ・ステージについて

建売住宅というと、どうしてもその人の100%の住み心地を叶えるという観点から見ると物足りないという見方が多いです。建売住宅最大のメリットはそのコストパフォーマンスですが、そのコストパフォーマンスはあらかじめ設計施工してしまうという特徴から生み出されます。そのため、建売住宅に住み心地を考えるのはいささか無理があるという見方も少なくありません。 しかし、東久留米の一工務店からのし上がってきた東京住建の「ジオ・ステージ」は一般的な建売住宅とは違い、セミオーダーシステムを採用しています。そのため、ユーザーの住み心地を向上させることに成功しているのです。基本設計図をベースにしてエクステリアや住宅設備などをユーザーのセンスで配置させることが出来る、このジオ・ステージは多くの人に愛されています。

■︎注文住宅も建売住宅も

東久留米時代からのノウハウを生かして東京住建は注文住宅の設計や施工だけでなく、インテリアコーディネートに至るまで一貫してプロデュースを行うことが出来ます。さらにコスト面での相談やアフターフォローも充実しているため、一つの企業に任せておけば自分の理想の住宅が手に入るという構造を構築しているのです。 また、東京住宅の建売住宅であるジオ・ステージはセミオーダーシステムを採用しているため、自分の生活に合った住宅をデザインすることが出来ます。もともと建売住宅というのは住みにくいというイメージが多いですが、このような商品を販売することによりコストパフォーマンスを重視するようなユーザーに支持されているのです。

東京住建 口コミ (@tokyojuken_k) | Twitter