一戸建て住宅を何軒も購入するというのは、よほどの資産家でない限りあり得ない話です。そのため、誰しもが一戸建て初心者と言っても良いでしょう。だからこそ、不動産業者についてはしっかりと知っておくことが大切なのです。

■施工主の思いに応える企業
不動産企業にとって大切なものとは何でしょうか。もちろん、企業である以上利益を求めることは当然です。しかし、それだけの企業に人は付いていくでしょうか。もっと言えば、自分の一生の住まいとする一戸建て住宅を任せられると思うのでしょうか。本当に優秀な不動産企業は利益よりもまずユーザーと向き合うことを第一に考え、それを最重要課題として考えるものだという意見もあるようです。

東京住建は東久留米の一地域の工務店から出発した不動産企業です。しかし、これまで数多くの住宅を建築することによって多くのノウハウを蓄積してきました。そして、そのノウハウの蓄積は同時に信頼も勝ち取っていったのです。創業から20数年以上が経った今でも、企業としての成長を止めない秘密は、一人一人の施工主の望みを叶えるということに対して純粋になっていった結果だと代表取締役社長の小嶋宏和氏は語ります。

■ジオ・ステージの性能について
東京住建のジオ・ステージはローコストでセミオーダー住宅を実現できるということだけでなく、住宅の性能も高いことで知られています。例えば、通気性能には基礎パッキン工法と外通気工法を採用しています。こうすることによって建物内に滞留している湿気を逃すことが出来るのです。また、これによって住宅の強度が下がることもありません。

また、断熱材にはグラスウールを50mm以上も使用しています。そうすることによって、「冬は暖かく、夏は涼しい」という快適な家づくりが実現するのです。室内温度を調節するということは家族の健康を維持するという意味でも非常に大きな意味を持っています。また、これによって冷暖房の効率が高まるため省エネ効果も向上するのです。そのため、家計にも優しい家になると言えるでしょう。

■ユーザーへの思いが商品へと還元されている
東京住建が最も大切にしているもの。それは施工主と真正面から向き合うということです。利益だけを求めるのではなく、ユーザーに対する満足感を高めるということを代表取締役社長である小嶋宏和氏も語っています。このような取り組みを進めていったことによって、地方の工務店の1つに過ぎなかった東京住建の名前が知れ渡っていったのです。

さらに、この東京住建は商品のクオリティにも定評があります。セミオーダーシステムの分譲住宅であるジオ・ステージには、基礎パッキン工法と外通気工法を湿気対策に使っています。また、これだけではなく、断熱性能も高いことでも知られているのです。グラスウールを50mm以上使っていることによって外の気温が影響しづらいため、体にも家計にも優しい作りになっています。

東京住建の口コミ・評判まとめ|注文住宅 – NAVER まとめ